ジャパンストックトレードを活用しよう|リスクを頭に入れておく

女の人

中長期的な投資の方法

紙幣を持つ人

ビギナーの投資の姿勢とは

資産運用を行うときに重要なことは、投資家の経験と持っている資産総額に合わせて金融商品を選ぶことです。とりわけ資産運用の初心者の場合には、元本割れのリスクが比較的小さな商品を中心に選ぶのが理想的です。短期間で大きな利益をあげるよりも、中長期的に着実に資産総額を増やす姿勢が大切です。そのためには最初は定期預金や公社債などの金融商品からスタートしたうえで、少しずつ新しい商品をポートフォリオに組み込むべきです。金融商品について勉強することが資産運用の初心者にとっては重要なので、株式や投資信託についてのセミナーにも出席するべきでしょう。リスク管理をしっかりと行えるようになった段階で、本格的に株式投資を始めるのが賢い投資家の姿勢です。

効率的で安全な運用方法

経験の長さに関係なく、効率的に資産運用を行うための基本は、コストを意識することです。投資信託の購入手数料は金融機関によって異なるので、初心者が口座を開くときには、コストを意識して銀行や証券会社を選ぶのが良い方法です。安全性の高い運用方針を採用することが初心者には重要であり、そのためには偏りのない分散投資を心掛けることが必要でしょう。リートや株式は値動きが激しいので、最初は総資産の1割程度に抑えるべきです。運用コストが割安なETFとインデックスファンドを主体に運用することが、中長期的に資産総額を増やすための基本テクニックです。会社員のように仕事を持っている人であれば、手間のかからないシンプルな商品を選ぶのが鉄則です。